フラダンス情報曲new記事
............................................................................................................................
★特集★フラダンス教室 ★東京都23区★
渋谷区 新宿区 世田谷区 文京区 千代田区 *墨田区 * 中央区 荒川区 品川区 * 大田区 目黒区 豊島区 *板橋区 * 足立区 * 台東区 * 江東区 *北区 *練馬区 江戸川区

★東京都市町村★ 町田市 武蔵野市 昭島市 *羽村市 *八王子市 *調布市 多摩市 国立市 国分寺市 東村山市 小平市 西東京市 東大和市 清瀬市 東久留米市

.......................................................................................................

● フラダンス衣装手作りしましょ♪
DSCF0003-1.JPG DSCF0006-1.JPG DSCF0025_edited.JPG DSCF0017_edited.JPG img10122522150.jpg
DSCF0015.JPG DSCF0025_edited.JPG psk0910h-b.jpg DSCF0025_edited.JPG

今までに作ったハワイアン雑貨やフラバッグの作り方 ケイキパウやブラウスも紹介しています
簡単なものはpdfファイルで作り方や製図が、ダウンロードできちゃう!
もちろんパウスカート作り方も!フラダンス衣装&ハワイアングッズ手作りしましょ
2010.10.20

古代ハワイ人の教を学ぶ ナ:三つの自己に秘められたギフト

古代のハワイの人は 自己の中に3つの特徴的な自己が存在すると言っていました。


ウニヒピリ(Unihipili)
   潜在意識とも呼ばれる下意識と対応したすなわち〈低位の自己〉=感情を生み出す自己
ウハネ(Uhane)
   目覚めているときの意識である客観的意識と対応したすなわち〈中位の自己〉=考え、語るあなたの自己
アウマクア(Aumakua)
  〈宇宙的な自己〉あるいは内部の〈創造主〉である〈高位の自己〉=私たちの内なる神聖さ



私の尊敬する ブレンダさんが この本を紹介してくれました。

現代にこそ必要とされている考え方なのではないかと 思います




フナ:三つの自己に秘められたギフト

--ハワイの古代の教えを紹介する素晴らしい本ですが、
読んでみると
その教えは現代にも生きていて、私たちの心の奥底にあるエネルギーを
再度呼び起こす力のある、とても深い教えであることを感じさせます。(心にタッピングより引用)



ブレンダさんによる 解説も聞けます



http://themosescode.seesaa.net/article/151312483.html


ホ オノポノポノとは>>
タグ:ハワイ フラ
2010.08.23

マナカード公式占いでプエオに逢う!

プエオはハワイの神話に出てくるフクロウ=コミミズク。

プエオのことを調べていたら、マナカード公式占いへ行ってしまい、はまってしまいました・・!


マナカードは、ハワイのイラストが描かれた44枚のカードです。



でも今人気で 手に入りません・・!


ハワイの人はこの世に存在するすべてのものにマナが宿っていると信じています。そのカードを利用して占うマナカード占いを
無料で試してみました。


マナカード公式サイト


ちなみに 今の自分のカードは【マノ】

エッセンスは「リーダーシップ/欲望」だそうです。

ひとりで決断して、行動しなくてはならない場面が多くなりそうで、自分の考えたことをどんどんと体現していくことが、成功へとつながる時期なんだそう。


確かに、そういわれればそんな時期のような気がしました。

やってはいけないのだけど、もう一度カードをシャッフルしてやってみました。出てきたのは、カードは違いましたが
<献身>

今やることに全身全霊をかけて突き進めというものです。


どちらも勇気が必要で とても前向きに力強く突き進むメッセージでした。

今日も暑いですが、心を強く持って
県名に一日過ごしてみようと思った早朝でした・・!


ハワイの英知の力取り寄せ注文承り中!!【マナ・カード】(オラクルカード・スピリチュアルメ...
2010.07.31

マナ

最近の旅行ガイドや番組でマナという言葉を聞くのは
珍しくなくなりました。


実際、髪の毛にもマナが宿る とか
自然の木や石など、パワースポット的にも使われたりするようです。

でも私が、一番最近心に思うのは、
<言葉に宿るマナ>という考え方です。

マナ とは
神の力から発せられる

超自然的な力
神聖な力
権威 

などと訳されるようです。

そのマナは、人間から発せられる言葉にも宿るという考えです。

言葉は一度口から出てしまうと、たちまちマナを得て、
一人歩きしてしまうと考えられていました。

一度マナを得た言葉は、それを発した人でさえ、手に負うことができません。言葉は、一度放たれると、もう取り返しがつかないものなのです。ハワイではそう考えられていました。


メリーモナークの審査員も務める
フラマスター、キモ・アラマ・ケアウラナはそれをもっとも大切にしている方です。



彼がいうには
フラは生命を讃えるもの。だから、

フラ曲の中には、それにふさわしい言葉と、
避けるべき言葉がある。

フラにふさわしくない言葉を使うと、その言葉のマナが、
身内や仲間の中で、一番弱い人を襲うのだそうです。

彼は 歌の中だけでなく、日常でも、悪い言葉を発したら、
自分の 一番弱い人に悪いことが起こってしまう、だから
悪い言葉が出そうになったら、下を噛んで飲み込む
とまで言っています。

もう一度言います。
(自分にかもしれない)


言葉は一度口から出てしまうと、たちまちマナを得て、
一人歩きしてしまう。

一度マナを得た言葉は、それを発した人でさえ、
手に負うことができません。

言葉は、一度放たれると、もう取り返しがつかないものなのです。




古代のハワイはこんなにも現代に通じる言葉を
持っていたんですね。

凶暴なマナを持った言葉の一人歩き


忘れないようにしましょう。

タグ:ハワイ フラ
2010.06.15

ホ・オノポノポノ

日本 やりましたね〜!!
ワールドカップ アウェイでの悲願の勝利ですね!!

選手たちの直前のインタビューの表情
なんどもテレビで 映し出されましたね。

気がついたのですが、

選手のみんな とても静かな目をしていたのが印象的でした。

興奮しいきり立って勝利をつかもうとする目でなく
静かに、

今までやってきたことに対する信頼と、自分に対する信頼と
周りの人への感謝の心


そんなものが 見て取れるような静かな表情をしていました。
特にトゥーリオなんか、神様みたいに見えました(笑)


こういう表情の時の人って

強いんですね〜!

勝利した後のインタビューで
「結果が出なかった自分たちに腐らず、懸命にやっていこうとみんなでしてきた」

と言っていました。

直前の試合で結果が出なかった彼らの心の中には

勝てない、点が取れないという負の気持ちが絶対大きくあったはずです。
どうやって、彼らがその負の部分を消し去り

あんなに、自信と感謝の表情で試合に望めたのか
興味をそそられるところです


自分は、微力ながらハワイアンスピリットの

ホ オポノポノ

これを利用し、心のなかに湧いてくる不安や恐怖を
消し去るために唱えることが有ります。


ホ・オポノポノはイハレアカラ・ヒューレン博士が伝承している
ハワイのスピリチュアルの方法。

自分自身に

「ありがとう」
「ごめんなさい」
「許してください」
「愛しています」

と言うだけで 潜在意識にある負の記憶を浄化⇒完全に消し去るわけでな無いのだけれど、徐々にに薄めていってくれます

日本では、ブレンダさんが有名で、引き寄せの法則とともに
ブログを作っていますので、参考にしてみてくださいね

ブレンダさんのこのノートは2冊も買いました





http://blogs.yahoo.co.jp/bdalampanjp/52272089.html

EFT JAPAN
2010.01.06

アロハの意味 フラを踊るにあたって…

新年を迎えるにあたって、

やっぱりこの言葉をもう一度心に刻んで
毎日を過ごしたいな・・・と思いました。

aloha

あまりに当たり前で、聞き慣れすぎているので
意味など考えないですが、この言葉の中には
ハワイの人々の考え方、スピリットが詰まっています


AKAHAI 思いやり
LOKAHI 調  和
OLUOLU 喜  び
HAAHAA 謙  虚
AHONUI 忍  耐

ハワイの心は『気』『エネルギー』『パワー』という
言葉にも置き換えられますね。

これをフラで表現するときにも
しっかり心のなかに入れておきたいものです。

今年のテーマはこれらを踏まえて

『シンプル』


あれこれといろいろな事を悩んだり、考えすぎたり
臆病になったり、傲慢になったり・・・


それらに気がついた2009年でした。

今年はアロハな心、それだけを心にもって
シンプル

に生きたいなあ。

と思っています。

そうと決めたら、身の回りから。
こんなシンプルな ハワイアンのれんも、いいですね・・・!





2009.10.18

ホ・オノポノポノ

ホ・オノポノポノ ハワイ少数民族の中に伝承される
問題解決法。

先日も書きましたが

ホ・オノポノポノには4つの言葉があります。

「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛している」
キリスト教系の幼稚園でも歌われているような言葉ですが、
この4つですべての問題を解決するんだそうです。




ここで教えてくれたのは、自分の感情に気がつく事。

たとえばネガティブな感情を感じたとき

ああ〜何かやだなー、気が重いな・・、むかつくなあ・・
というネガティブの感情を感じたとき、ああ、今こんなに腹立ててる、
こんなに落ち込んでる、今、いやな感情が出てきた、

と気がつく事だといいます。感情の中にどっぷりはまるんで無くて、
感じている自分を眺めるイメージです。

ハワイってすごいなーと感じます
2009.09.29

ハワイ語の力 ホオポノポノ

不思議なもので何かを探していると、自然に行き着くところがあるときがあります。

心の強さや力とはなんだろうと、フラと関係なく探していたら、
やはりハワイのヒーリングに行き当たってしまいました。

もともとワイという名前は
「呼吸に宿る最高の生命のエネルギー」とでも訳せます。

古代ハワイの人々が宇宙や自然と共存しながら生きていたそのスピリチュアルな(精神性を高める)教えには、
忙しい現代を生きる私たちが、真の『心』を取り戻すためのさまざまな素晴らしい智恵があるというのです。

わかりやすい言葉で最近耳にするのは<ホオポノポノ>という
ハワイ語の言葉です。
これは、「ものごとをもとにもどす」という意味で、
何かトラブルがあったとき
家族・部族が話し合って問題を解決するという
古代から伝わる儀式です。

ホオポノポノでは祈りや話し合いがおこなわれ、
当事者が状況を説明し、反省すべき点は反省したりして、
お互いに許し合ってつぐないをします。
こじれた人間関係をもとに戻していく儀式だそうです。

この素晴らしい問題解決の方法は、
家族や地域社会での人間関係の問題が多くなっている最近では、
とみにホオポノポノへの関心が高まっています。

この言葉を知ったとき、古代ハワイとそれを受け継ぐ
フラの深さを感じましたね・・!

私もまだまだわからないので、よさそうな本を読んでみることにします。

     




フラダンス情報曲♪のTOPへ
フラダンス情報曲♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。